人と話すより、本を読むことが好きです。

人と話すより、本を読むことが好きです。

人と話すより、本を読むことが好きです。
誰かと会話をしたり、交流するよりも一人で黙って本を読んでいる時が、至福の一時です。
誰かが近寄ってきても、正直なところ迷惑であることが多いです。
一応は、そのような態度はおくびにも出さないよう、心がけているのですが、もしかすると雰囲気で伝わっているかもしれません。

とある、本のなかで、読書を趣味としている人は、本を読まない人からすると鼻持ちならない存在である、とのことが書かれていました。果たして、そこまで言い切れるのかは分かりません。
ですが、多少はその傾向はあるかと思われます。なんだか、インテリぶっていると感じられたり、お高くとまっていると思われたりするかもしれません。かつて、本を全く読んでいなかったのですが、その当時は本を読む人にそのような気持ちは全く持っていませんでした。単純に、あんなにいつも本を読んで偉いなと、勉強熱心であるような見方をしていました。
自分がいざ読む側の人間になってみると、別に単なる趣味でしかなく、勉強している訳ではないことに気が付きましたが。
基本的に、自分は同じ人たちと長期的に付き合うことが苦手です。人間関係に流動性を求めています。つねに、一時的な関係でいいのです。まるでこれでは、誰コレ構わずに手を出す尻軽女のような発言になってしまっていますが、そう考えています。
いつも同じ人たちとつるんでいては成長が無いです。出てくる話題もきっとぐるぐると同じものが廻っているはずです。