授かり婚の結婚式に出席して

会社の同僚(女性)の結婚式に出席しました。

授かり婚だったのですが、新婦がつわりで体調があまり良くないと言っていたので
それがずっと気になっていました。

式の最中、ふと新婦の顔を見ると明らかに表情が硬いのです。お化粧が
厚いので顔色は良く分かりませんが・・・。
「ちょっと調子悪そうだね。」
と同僚とこそこそ話をしていると、お色直しで新婦が退場していきました。

(戻って来られるのかな?)
私ははらはらしていたのですが、予感は的中して歓談に続いて会場では明らかに場つ
なぎと思われる親戚の歌が始まりました。

2人の方の歌が終わったところで、
「新婦のご入場です!」
というアナウンスが入りました。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム公式通販

BGMとともにきれいにお色直しした新婦がお母さんと一緒に入場してきました。
お母さんはしっかりと脇から新婦を支えているように見えました。

お母さんは結婚する前に子供を授かってしまった娘を最初から最後までずっと
味方してくれていたそうです。そういう裏話を私は聞いていたので、二人が寄り添う
その姿に涙がこぼれました。

それから同僚はどうにか結婚式を乗り切って私たちを見送ってくれました。
これから出産という大仕事が待っていますが、彼女ならきっと成し遂げてくれると思います。

我が家流フレンチトーストに舌鼓

我が家流フレンチトーストに舌鼓
小学生の子供の朝ごはんは、ご飯メニューと決まっています。

でも、それは平日に限ってのこと。

週末は少々のんびり起床して、パン朝食を食べるのが通例です。

パンは、スーパーならどこでもお手軽に購入できる普通のタイプ。

これをトーストしていただきます。

時にはチーズを載せて。

またある時には、スープに浸すからとそのままで。

中でも子供たちのテンションがヒートアップする食べ方は、我が家流フレンチトーストです。

実はこのフレンチトースト。

御本家のフレンチトーストとは程遠い、カジュアルな一品。

恐らく子供が「フレンチトースト」と呼び始めて、それを否定しなかったことから定着した模様。

さて、この我が家流フレンチトースト。

どのような一品かと申しますと、食パンをトーストしてマーガリンを塗ります。

その後に蜂蜜やオリゴシロップをタラリとかけて完成!

何の捻りもない、ちょっと塩気のある甘いトーストといったお味です。

ほんと、これがフレンチトーストだなんてお恥ずかしい限り。

しかしながら、このお味。

シンプルながらもなかなかイケてます。

大人が食べても、「休日の軽い朝食」としてはイイ感じ。

これにホットミルクやコーヒーを添えれば、文句を言われたことはありません。

それにしても、本物のフレンチトーストを食べたことのない子供たち。

いつか本物に出会って、どう感じるのでしょうか。

まったくの別物を母にフレンチトーストと偽られたと思うのか。

はたまた、「我が家のフレンチトーストなるものは・・・」と我が道を貫くのか。

恥を掻かないことだけ、祈っています。

印象深かった、美味しい海の幸

印象深かった、美味しい海の幸
北関東自動車道が出来たこともあり、魚を食べに、茨城へ旅行に行きました。

関東道を降りて、間もなくのところに、目の前が海の寿司店が、ありたくさんありました。

やはり茨城は、魚がとれるとあって、寿司店が何件も並んでいます。

どこにしていいか、迷ってしまうほどです。

県外からも来ているようで、車のナンバーがほとんど県外でした。

これは期待できるだろうと思い、昼食は、そこに決めました。

店員さんも活気づいていて、威勢がよいくらいでした。

魚がとても新鮮で、種類がとても豊富にあり、期待以上に美味しかったです。

食事のあと、泊まる宿を予約していなかったので、宿探しをしました。

たまたま車で走っていると、旅館が見えてきたので、入ってみると、広いロビーで、

落ち着いた雰囲気の旅館でした。

空いているということだったので、そこの旅館に決めました。

4人で行ったので、広い部屋を用意してもらえました。(4人でも、まだ広いくらいでした)

温泉も広くて、くつろげる空間でした。

部屋でくつろいでいると、いよいよ楽しみの夕食の時間です。

大広間に通され、海を見ながらの夕食です。

贅沢な気分を味わった気がします。

そこでのお料理が、忘れられないくらい美味しかったです。

普段は、そんなに魚好きではない私ですが、すべて平らげてしまうほど、美味でした。

種類も豊富で、味付けが私好みで、どれも美味しい。

見た目もきれいに盛り付けしてあり、食べるのがもったいないくらいでした。

また、ぜひ行ってみたいと思いました。

GWが終わり…

GWが終わり…
関東の端っこの観光地の端くれ在住なので、GW中は市内がとても賑やかでした。
家の前は県道で、海と市街地を結ぶ道なのでツーリングに来たライダーや少し北にあるキャンプ場に向かうキャンピングカー、磯遊びに向かう観光客の車がわんさか通りました。
海沿いにある市場に向かう道は常に渋滞だったのに、GWが終わった今では平日は閑散としています。

こうなるとわかってて引っ越してきましたが、やはりエンジン音より波の音のほうが心が安らぎますね(笑)

これから夏の時期になると、もっとうるさいのかなと思うと…ちょっとげんなりしますが、嫌々思ってても仕方がないので、夏を前に対策をしたいなあとも思います。
人の目線を気にしないように柵や垣根のように木を植えたり、逆にお花を植えて庭をきれいにしたいなと思ったりもします。
忙しくてなかなか手を出せずにいますが、防音なども兼ねて検討しています。

また、敷地の入り口を広く取ったことで狭い県道で対向車をよける場所になってしまっています。
子供もまだいないので危険を感じることはありませんが、門やゲージがないこのままでいいのかどうか、頭を悩ませています。
家族と相談して、夏までに何か対策をしたいと思います。

限定の海鮮丼を食べに行って来た事

限定の海鮮丼を食べに行って来た事
この間1日80食と限定のあった海鮮丼があり、それを求めドライブがてら食べに行って来ました。

ただここのお店開店時間が9時からと言う事で昼前にはそれがなくなってしまうと言う事もあった為朝6時に出発する事となりました。

場所的にはちょっと遠いのでこの位の時間に出ないと食べられないかもしれないと思ったので、それに行くからには絶対食べたいなと思いまして、また6時に出発と言う事で4時過ぎには起きていたので結構寝不足な中ではありましたね。

でも早く出たお陰で車は少なかったです。

最初高速で行こうと思っていましたが大丈夫そうだったので普通の道で行く事となりました。

やはり道がすいていると走りやすくで凄く良いですね。これが後数時間すると混み合ってきますからね。

そんな事もありまして思ったよりは早く着く事が出来、この時で開店30分前位でしたかね。

さすがにここまで早く来る人は1人もいませんでしたが、丁度5分前位になると数名でしたが来ている方もいましたね。

そしてお店が開店と同時に私達も中へ入りお目当ての海鮮丼を食べる事に色んな海鮮がのっていて金額も安くまた新鮮でとても美味しかったです。

その後私達が入ってからお客さんも次々と入って来ていて来る人来る人皆海鮮丼と言う感じだったのでこのペースとなると完売するのもすぐだなと思いましたね。

これは本当食べたかったら朝一で行くしかないですね。

行くのは朝早いので大変ですが、また次回食べに行きたいなとは思っています。

葬儀業者の選び方

葬儀業者
実際に葬儀を行う段階になると最も迷うのは葬儀業者です。

確かに葬儀が成功するかどうかは、葬儀社によるものが大きいのが確かです。

納得行く葬儀にするためには、葬儀社は慎重に選ぶようにしましょう。

で、選び方なんですが、1番は何と言っても口コミです。

あなたの親族、身近な知人で、すでに葬儀経験者の紹介する葬儀社が最も信頼できる情報です。

葬儀の費用や内容の面を含めて、本当に納得した葬儀を行えた人は実はそれほど多くはありません。

良かった葬儀社の生の口コミは非常に貴重なものです。

逆に、良くない葬儀社も同様です。

身近にそのような人がいない場合、次に頼れるのは一括見積りです。

インターネットサイトで複数社同時に見積もりしてくれます。

そこで、気になる葬儀社をピックアップしていきましょう。

しかも無料で利用できるので、生の口コミが仮にあったとしても一応参考にしておいたほうがいいですね。

また、候補を決めたとしても各葬儀社のホームページがちゃんと作られているかも確認しましょう。

人と話すより、本を読むことが好きです。

人と話すより、本を読むことが好きです。
誰かと会話をしたり、交流するよりも一人で黙って本を読んでいる時が、至福の一時です。
誰かが近寄ってきても、正直なところ迷惑であることが多いです。
一応は、そのような態度はおくびにも出さないよう、心がけているのですが、もしかすると雰囲気で伝わっているかもしれません。

とある、本のなかで、読書を趣味としている人は、本を読まない人からすると鼻持ちならない存在である、とのことが書かれていました。果たして、そこまで言い切れるのかは分かりません。
ですが、多少はその傾向はあるかと思われます。なんだか、インテリぶっていると感じられたり、お高くとまっていると思われたりするかもしれません。かつて、本を全く読んでいなかったのですが、その当時は本を読む人にそのような気持ちは全く持っていませんでした。単純に、あんなにいつも本を読んで偉いなと、勉強熱心であるような見方をしていました。
自分がいざ読む側の人間になってみると、別に単なる趣味でしかなく、勉強している訳ではないことに気が付きましたが。
基本的に、自分は同じ人たちと長期的に付き合うことが苦手です。人間関係に流動性を求めています。つねに、一時的な関係でいいのです。まるでこれでは、誰コレ構わずに手を出す尻軽女のような発言になってしまっていますが、そう考えています。
いつも同じ人たちとつるんでいては成長が無いです。出てくる話題もきっとぐるぐると同じものが廻っているはずです。

クレジットカードを作る時期は何時が良い?

クレジットカードを作る時期
クレジットカードを選ぶ時折、いつのカードがいいのか引っかかると想う人も多いでしょう。
何も考えずに選ぶというやつも中にはいるかもしれませんが、せっかくですから、選ばれているクレジットカードが如何なるカードなのか、知っておくほうがいいですね。

選ばれているカードというのは、選ばれている理由がそれなりにあります。
選ばれている理由はおアドバンテージだったり、何かメリットがあることが多いですから、知った上でクレジットカードを見つけるようにすれば、何かお得なことが起きるかもしれません。

そこで目下選ばれているクレジットカードを知るための切り口として、クレジットカード品種を参考にするという切り口があります。
クレジットカード品種は、今様々なオンラインのサイト上で発表されています。
総合的な品種もあれば、部類毎に品種を分けていることもあります。
たとえば、視点がお得なクレジットカード品種とか、年会費無料のクレジットカード品種、ガソリン代がお得になるクレジットカード品種といったように、色々と部類やお得になることが分けられている品種もあります。

自分が視点がお得なクレジットカードを保ちたいけど、どれが選ばれているのか引っかかると思ったら、クレジットカード品種の視点のお得なものを見れば相応しいということになりますね。
そうすれば、選ばれている人気のカードを見ることができます。